読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Slack上のテキストデータを簡易ビジュアライズ(可視化)できるbotで何ができるのか探る

当面はSlack上のテキストデータを簡易ビジュアライズできるbotで何ができるのか探って、それを報告す感じになると思います。

Slack上のテキストデータを簡易ビジュアライズできるbot(pickupon α)をSlackに入れる

Slack上のテキストデータを簡易ビジュアライズできるbot (pikupon α) で何ができるか、これからXmasに向けて色々試したいと思います。

f:id:yobata:20170209002655p:plain
↑こいつがSlack上のテキストデータを簡易ビジュアライズできるbot (pikupon α Xmasバージョン)です。

まずは、pickupon(ピクポン)をSlackヘ凄ませたいと思います。 こんなフローです。

f:id:yobata:20170202104826p:plain

ということで、具体的に見ていきたいと思います。

1.Slackのteamをつくる

このbotはSlack上に凄むので、slackチームが必要です。 チームがない方はSlackのチームを作成する必要があります。 Slackチームを持っていない方は無料で作れるので、是非この機会に作ってみて下さい。 ぼっちSlackもオススメです。

slack.com

techacademy.jp

2.botをSlackのteamへ入れる

チームができたら次に、 slackへbot(pickupon α)を入れます。 アカウントを作ってslackにaddするだけです。

pickupon.io

2-1.topページからからSign Up!

f:id:yobata:20170209003454p:plain

すると、Add to Slackボタンが出てくるので、 botをjoinするSlackチームを選択しましょう。

f:id:yobata:20161221160721p:plain

2-2.botを入れるチームを選択する

f:id:yobata:20161221161526p:plain

2-3.botSlackチームを選択&オーソライズする

これでslackチームへbotが入ったはずです。
※slackチームのadmin権限を持っていないとbotをslackチームへ入れられません。

f:id:yobata:20161221162913p:plain

3.botがSlackに凄む(完成)

無事botがSlackに入りました。

ビジュアライズ用のboardが出来た!!

f:id:yobata:20161221163524p:plain

Slackにもbot(pickupon)が入った!!

f:id:yobata:20161221163527p:plain


ということで、bot(pickupon α)がSlackに入ったので、 次回以降Slack上のテキストデータを簡易ビジュアライズしてゆきたいと思います。 ↓↓↓↓↓↓

yobata.hateblo.jp

yobata.hateblo.jp

yobata.hateblo.jp