読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Slack上のテキストデータを簡易ビジュアライズ(可視化)できるbotで何ができるのか探る

当面はSlack上のテキストデータを簡易ビジュアライズできるbotで何ができるのか探って、それを報告す感じになると思います。

botにslackを監視させ、wがコメントされたら草を生やす(wの可視化)

概要

f:id:yobata:20161222083450p:plain

botにslackを監視させ、wがコメントされたら草を生やしてみます。

具体的にいうと、slack上のwをカウントして、そのカウント分の草を生す Action(ロジック)をbotに実行させます。 例によって、どαのこいつを使ってやってみたいと思います。 ※botをslackに入れる方法はこちら

やり方

  1. slackにbotをいれる
  2. ビジュアライズboard上にitem「草」を作る
  3. slack上でbotが「w」を見つけたら「草」のvalueに+1するAction(ロジック)を組む
  4. 「草」が増殖しすぎた時に、草刈りをするためのAction(ロジック)を組む
  5. 完成 slack上で「w」の入ったコメントが流れると「草」が増殖し、 草刈りとコメントすると、草が刈られます。

1. slackにbotをいれる

slackにbot(pickupon α)を入れて、 pickupon boardへログインします。

yobata.hateblo.jp

2. ビジュアライズboard上にitem「草」を作る

pickupon boardの設定画面から、item「草」を作ります。

2-1.右上のアイコンから設定画面へ移動

pickupon boardの右上のアイコンから設定画面へ移動します。

f:id:yobata:20161222081403p:plain

2-2.+newをクリック

設定画面が開いたら、itemタブを選択し、+newをクリック。

f:id:yobata:20161222081933p:plain

2-3.item typeの選択

後はitemに名前を付けてtypeをプルダウンから選択します。 今回は草を生やしたいので「weed」を選択します。※ちなみに他のitem typeはこちら

f:id:yobata:20161222082749p:plain

2-4.草が完成

すると、boardの真ん中に草の芽が現れます。

f:id:yobata:20161222083450p:plain

これで、「草」の用意は出来ました。

3. slack上でbotが「w」を見つけたら「草」のvalueに+1するAction(ロジック)を組む

先程作ったitemの「草」はvalueを持つことができ、valueの数だけ草を生やす事ができます。(こんなかんじ

なので、slack上の「w」をbotに見つけさせ、「草」のvalueに+1するAction を作れば「w」の数だけ草を生やす事ができそうです。

3-1.Actionを+newする

まずはActionタブを選択し、+newを押します。

f:id:yobata:20161222234956p:plain

3-2.Actionを+newする

すると、新しいActionができるので、 名前(半角英数)とディスクリプションを入力します。 f:id:yobata:20161222235458p:plain

3-3. ifを設定

次に、 if の箇所へトリガーとなるキーワードを設定します。 今回は「w」を設定します。

f:id:yobata:20161222235943p:plain

3-4. then doを設定

そして、トリガーとなるキーワードをpickuponが見つけた時に 何を実行(do)するかthen do blockで設定します。 今回はUpdate sensor blockを使います。 使用するSensor(item)を選択 Valueは、+1したいので %increment と入力しsaveします。

f:id:yobata:20161223003451g:plain

これで、botがwを見つけると草を生やすAction(ロジック)ができました。

※pickuponは、joinされたチャンネルのキーワードにしか反応しません。

4. 「草」が増殖しすぎた時に、草刈りをするためのAction(ロジック)を組む

次に、草が生えすぎた時に刈るためのActionを作ります。 先ほどと同様に、Actionを+newし

もし 「草刈り」をbotが見つけたら、 「草」のValueを0にする Actionを作成します。

f:id:yobata:20161223005108p:plain

5. 完成

f:id:yobata:20161223011258g:plain

これでw生やされたら補足できます。※1 そして草が茂ってきたら刈る無駄な仕事が生まれます。

※1.pickuponがjoinしてるSlackチャンネルじゃないと反応しないので注意です。

他の使い方

yobata.hateblo.jp

yobata.hateblo.jp

yobata.hateblo.jp